【DIY】ディアウォールこんなふうに使っています【参考事例】

今回は、ディアウォールでできることや、実際の使い方、ラブリコとの比較などを紹介します。

ディアウォールでできること

ディアウォールを使うことで、壁に傷をつけることなく、様々なDIYを楽しむことができます。
参考程度にいくつか作ったものを紹介します。

シンプルに棚を作ってみたり

キッチンの収納を増やしてみたり

テレビの壁掛けも可能になります。

類似商品「ラブリコ」との比較

ディアウォールとよく似た商品で、ラブリコというものもあります。
以下に、僕なりのディアウォールとラブリコ比較表を載せておきます。

比較内容 ディアウォール ラブリコ
突っ張り方 バネの力 ネジの力
設置の難易度 簡単 脚立などが必要な場合がある

ネジのほうが頑丈そうですが、緩む恐れがありそうですよね。
また、ラブリコは高いところでネジを締める必要があるため、比較するとディアウォールの方が簡単だと思います。

棚を作るのに必要なものと手順

次に、シンプルな棚を作成するのに必要なものと、その手順を紹介します。

棚を作るのに必要なもの

  • ディアウォール×2
  • ツーバイフォー材×2
  • ワンバイエイト材×必要な分
  • 棚受け×ワンバイエイト材と同じ数
  • ネジ×必要な分
棚を作る手順
STEP.1
柱をたてる
ツーバイフォー材を床から『天井の高さ – 45mm』にしてディアウォールをセットし、壁際に2つ設置します。
STEP.2
棚受けの位置を決める
ネジを打つ場所は、好みの高さと、柱の中央になるように、鉛筆などで印をつけましょう。
STEP.3
棚を設置する
ネジを打つ位置が決まれば、そこに棚受けを設置して、ワンバイエイト剤も固定しましょう。
POINT
ツーバイフォー材を自分で切るのは、大変だったり、曲がってしまう可能性があります。
ネットで買う場合はミリ単位で長さを指定して買いましょう。
ホームセンターで買う場合は、だいたい、数十円でカットしてくれるサービスがあるので、それを利用しましょう。
また、電動ドライバーも数千円で売っているので、ぜひ購入しましょう。

ブライワックスもおすすめ

木材には、全てブライワックスを塗っています。
ブライワックスとは、木材を味わい深くしてくれるワックスです。
こちらが僕の使っているブライワックスです。

他にもたくさんの効果があると思いますが、ビフォーアフターを見てください。

こちらは、IKEAで購入したタンスですが、白い木材が、味わい深く変身しています。
部屋の雰囲気もよくなるので、おすすめです。

おわりに

ディアウォールとブライワックスにはほんまにお世話になってる。
それなりに簡単に設置できて、トイレとか洗面所などにも使えるのでぜひ!!

かーじー