YouTubeチャンネル開設しました!!

【wordpress】サーバーの移行(引っ越し)は手作業でやるべき

高速化のためにサーバーの引っ越しを検討する人は多いと思います。
レンタルサーバーからVPSへの引っ越しや、
今話題のKUSANAGIが使えるサーバーへの引っ越しなど。

サーバーの引っ越し自体はすごくいいと思いますが、その方法について書いていこうと思います。

サーバー移行の目的

サーバー移行の目的は、いくつかあると思います。

  • サーバーのスペック向上
  • サーバーの料金見直し
  • サイトのスピード向上
主な目的はこのへんでしょうか。
僕は、ここにもう1つ大きな理由を付け加えたほうがいいと考えています。
それは、リファクタリングです。

リファクタリング (refactoring) とは、コンピュータプログラミングにおいて、プログラムの外部から見た動作を変えずにソースコードの内部構造を整理することである。また、いくつかのリファクタリング手法の総称としても使われる。ただし、十分に確立された技術とはいえず、また「リファクタリング」という言葉に厳密な定義があるわけではない。

wikipediaより引用

簡単に言うと、機能的には変更せず、内部をキレイにする。という感じです。

WordPressは、自分でプログラムを書いていなくても、プラグインを入れることにより、機能を実現することができます。
そのプラグインなどの整理を、引っ越しのついでにやったほうがいいのでは!ということです。
普通の家の引っ越しでもキレイにしますからね。

サーバー引っ越しの方法

サーバーの引っ越し方法もいくつかあります。

  • プラグインを使う
  • サーバー移行サービスを利用する
  • 手作業で地道にリビルドする
主な方法はこんな感じでしょうか。
手作業はまぁどこまで手作業か、とかいろいろありますけど。

大きく分けると、自動でやるか、手動でやるか、ですね。

自動で移行するメリットとデメリット

自動で移行するメリット
簡単で早い!
自動で移行するデメリット
必要なくなったゴミファイルも一緒に移行してしまう。

自動での移行は、必要なファイルかどうかを確かめずに移行するので、ゴミも一緒に持っていくことになるんですね。
実際の家の引っ越しじゃあまり考えられないですよね。。

おすすめの移行方法

これらの理由から、以下の移行方法を推奨します!

STEP.1
土台の準備
まずは、引越し先のサーバーで空のWPを準備します。
このときに、WPの設定からサイト全体にnoindexをつけておいてもいいでしょう。
またはBasic認証をかけてもいいと思います。
POINT
普段WPのバージョンアップが怖くてできないひとも、これを機に最新版をインストールしましょう
STEP.2
テーマとプラグイン
次に、テーマとプラグインをインストールします。
ここでも、テーマ・プラグインすべて最新版をインストールしましょう。
また、プラグインは本当に必要かどうか考えてインストールします。
テーマは現行の設定を見ながら設定しましょう。
POINT
例えば、テーマの最新版をいれることで、今までプラグインで実現していたことが、テーマの機能でできる場合などがあります。
KUSANAGIを利用する場合、KUSANGIの機能を使うことで、いくつかのプラグインは省けると思います。
STEP.3
データの移行
データの移行は、WP純正のインポート、エクスポートでやりましょう。
投稿・固定ページ・メディアのデータが移行できます。
注意
この方法で移行する場合は、投稿のリビジョン情報は移行できません。
STEP.4
全体の確認
新サイトで、全体の確認をしましょう。
実機スマホで確認することも大事です。
STEP.5
ドメインの移行
最後に、ドメインの移行をしましょう。
このときに、STEP.1で設定したBaisc認証やnoindexを外すことを忘れずに!

大まかには、このような流れです。
あとはまぁバックアップを取っておいたりですかね。

これできれいな環境になると思います!
もし引っ越しする時は、参考にしていただければ!